宅地建物取引業とは?

不動産業を継続的に行っていくために必要な登録 自分が所有している土地を誰かに売却をするということ自体は特に何らかの許可が必要なことではありません。 ですがそうした不動産取引を商売として行う(=業としてなす)ときには、その … 続きを読む>>

重要事項説明とは

不動産を購入するときに必ず説明しなければいけないこと 不動産取引をする場合には、その物件の内容やこれから契約する取引の詳細について正確に書面にまとめそれを提示するとともに口頭で説明をしなければいけないことと定められていま … 続きを読む>>

購入申し込み時の注意点

意外に古い体制で進められる不動産取引 インターネットを使用した情報公開が進められている現代ですが、実際の不動産取引の現場においては案外人間同士のつながりを重視する古い体制での売買がされています。 これは悪い意味ではなく、 … 続きを読む>>

住宅性能表示制度とは

品確法によって定められる住宅の評価基準 「住宅性能表示制度」とは「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)」によって定められている住宅の性能を明確にするための基準を明示するものです。 品確法は平成12年4月1日 … 続きを読む>>

現地見学する際のポイント

現地を訪問する時のチェック項目 よい不動産購入のためには現地見学は欠かせません。 しかしただ漠然と現地に行ってその物件の様子を見ているだけでは、正しくその物件の価値を見極めることはできません。 おそらくこれから物件を購入 … 続きを読む>>

不動産広告の見方について

不動産購入では情報収集が重要 個人用でも投資用でも、これから不動産を購入するなら事前に十分な情報収集をしていくことが重要です。 不動産取引が低迷していると言われる現代ですが、売買を希望する人の数は決して少ないものではなく … 続きを読む>>

不動産を買う時にかかる費用

不動産の購入に関わる税金 不動産を購入する場合には、取得をしたという事実にかかる税金が課せられます。 この税金は不動産取引を活発化させるという目的で減税措置がとられることもありますが、基本的にはかならず必要となるものであ … 続きを読む>>